ゆりかごから墓場まで〜一生オタク〜

節操のない雑食オタクの雑記です。時々コスメやお洋服の話もします。

〜オタク、初めての渡韓日記in2018 その2〜

前回はこちらからどうぞ。

3日目 韓国でキてる街へ+昔の文化を感じる日

行った場所: 安国駅イクソンドン キョンボックン チョンノオガ

前日の反省を生かし、3日目は朝早くから行動することにした我々。まずは今韓国の若者の間で一番おしゃれと言われ流行っているイクソンドンへブランチに出かけました。


f:id:sindemootaku:20210221211805j:image

f:id:sindemootaku:20210221211802j:image

f:id:sindemootaku:20210221212057j:image
f:id:sindemootaku:20210221212101j:image

朝のイクソンドンは、まだ昼間のような人混みはなく、とても静かで落ち着いていました。狭い昔の韓屋をリフォームしたお店が多いのが特徴で、路地裏に所狭しと色んなお店が並びます。大福屋さん、カフェ、マンドゥ屋さん、古着屋さん、香水屋さん、、、
「今っぽさ」と「伝統」がまさに絶妙にフュージョンしていて、独特な雰囲気がすごく好きです。韓国のそれぞれの街を誰かに説明する時、日本の街に例えてみる事が多いのですが(私の独断と偏見ですが、

明洞=渋谷、ホンデ=原宿、カロスキル=表参道、梨泰院=六本木的な感じです)イクソンドンはどこかの街に例えるのが凄く難しいです。だからこそ一度行ってみてほしい。

f:id:sindemootaku:20210221195300j:image
f:id:sindemootaku:20210221195304j:image

そんな中、お目当ての「マダンフラワーカフェ」に到着です。人気店なのでオープン直後に行ってもモーニングを食べに来ているお客さんがすでに何組かいらっしゃっていました。

その名の通り、お店の外から中までお花がぎっしりのカフェで、いるだけで凄く癒されます。しかも見るだけではなく実際にお花を買って帰ることもできるんです。

f:id:sindemootaku:20210221195458j:image

素敵なドライフラワー付きのメッセージカードをお友達は購入していました。フラワーカフェということもあり、ハーブティーのついた美味しいパンケーキセットをモーニングとして注文。友達はクロワッサンサンドセットにしていました。

f:id:sindemootaku:20210221195652j:image
f:id:sindemootaku:20210221195647j:image
f:id:sindemootaku:20210221195655j:image

キウイ、バナナ、チョコとバニラアイスが乗っかってとっても贅沢なパンケーキでした(私のチョイスの問題かもしれないけど、韓国のカフェってボリューム全体的に凄くない?)朝にはめっぽう弱い私ですが、優雅なブランチができるなら早起きも悪くないんだな、、と初めて実感しました。

しかし、当時大学生の胃袋を舐めてはいけません。我々はお腹が腹8分目でも詰め込むタイプなので、そのままイクソンドンの中ほどに位置する「マンウォンドンティラミス」まで移動。もちろんお目当ては

f:id:sindemootaku:20210221200128j:image
f:id:sindemootaku:20210221200133j:image

ボリュームいっぱいのティラミスです。満腹、という言葉が辞書にない我々は、スイーツにスイーツを重ねて食べまくりました。(そして私は、胃もたれになりました)こちらのお店は、一階がショーケースになっていてその中から好きなティラミスを選んで、2階の座席で食べるスタイルです。人気店でお店自体がこじんまりとしていることもあり、店内ではなくテイクアウトしていく方も多い印象でした。イクソンドンは食べ歩き向けのお店も沢山あるので、ゆっくりカフェで語るも良し、ちょこちょこお買い物しつつ何かをつまむのも良し。なお洒落だけど気張らない街でした。

流石に食べ過ぎたことを反省した我々は、少し足を伸ばして有名な観光スポット、キョンボックンまで歩くことにしました。天気も良かったのでお散歩です。


f:id:sindemootaku:20210221201011j:image

f:id:sindemootaku:20210221201015j:image

さすが有名な観光スポットというだけあり、とても多くの人で賑わっていました。韓服を着ていくと入場料が確か安くなるそうです。運が良ければ大名行列(?)のようなものもみられます。

f:id:sindemootaku:20210221201123j:image

迫力があってかっこよかった〜。歴史ものの韓国ドラマとか見てたら余計高まりそうだなと思いました。ちなみにお隣には有名な国立美術館があり、学生は入場無料です。今回は時間がなくてミュージアムショップだけ立ち寄ったのですが、お洒落なポストカードを買いました。


f:id:sindemootaku:20210221201353j:image

f:id:sindemootaku:20210221201349j:image

まだまだお腹はいっぱいのまま。キョンボックンのある仁寺洞を超えて、さらにお散歩を続け北村の韓屋村まで歩きました。

f:id:sindemootaku:20210221201742j:image

この写真でお分かりの通り、本当に高台というか坂道の中に、昔ながらの家屋が並んでいる通りです。ソウルで一番伝統を感じられる場所ではないかと思います。アップダウンが激しいので、歩くと結構疲れます。なので歩きやすい格好でいくのがベスト。ちなみに有名な観光スポットでありながら、今も使われている家屋なので、観光局の職員の方々が「静かに過ごしてください」というプラカードを持っていたのが印象的でした。いうなれば京都みたいな感じなのかな、、?確かに住んでいる人からしたら神経使うよな〜と思いつつ、なるべくささっと写真を撮って立ち去りました。見晴らしがすごく良いのでヒーリングもできて良い場所だったなぁ。

沢山歩いてお腹も満たされた私達は、また爆買い妖怪に元通り。ホンデまで移動して、(おそらく)ソウルで一番大きなBT21のお店へ

 


f:id:sindemootaku:20210221202637j:image

f:id:sindemootaku:20210221202633j:image

冗談抜きで激混みで、BTSの世界的人気を実感することとなりました。本当に可愛いよね〜お友達は白いひつじ?わんこ?みたいなキャラクターのヘアバンドを買ってました。可愛かった。ホンデの写真は残念ながらないのですが、あまりにも人が多すぎて写真とか撮ってる余裕がなかったように記憶しています。

f:id:sindemootaku:20210221204805j:image

沢山の戦利品を手に、一度エアビーに戻った私達。一応ティラミス以来何も食べていなかったので(本当はおでんとキンパを挟みました)やっとお腹が空いてきた夕方、今度は市場に繰り出します。チョンノオガ駅で降りて、ソウルで一番有名な市場、「カンジャンシジャン」内にある、ユッケ通りに到着です。

ミシュランに選ばれたという美味しいユッケ屋さんが立ち並ぶ中、少し待って入った「プチョンユッケ」。めちゃくちゃ美味しかったです。

f:id:sindemootaku:20210221202930j:image

頼んでから全てが30秒ぐらいで出てきて衝撃を受けました。日本では法律で食べられないユッケを、腹いっぱい食べられて本当に大満足です。ご飯がとにかく進む進む。レバー苦手だったのですが、生レバーはいけるということもわかりました。あと、ユッケビビンバが神がかりてきに美味かった。

元々隣のユッケ屋さんに入ろうと思ってたのですが、たまたま定休日でこちらに入ってよかった。意外にも観光客は私達だけでしたが、地元の方に愛されるお店なだけはあり、いい意味で大衆的で気取らないお店でした。すごく美味しかった、、。また行きたい。

そしてまた、大学生の食欲は止まらないシリーズは続きます。ユッケでホクホクの中、友人Bの

「ポッサム買って帰りたくない!?」の一言で、帰り道の途中にある「ウォンハルモニポッサムチョッパル」に寄り道。有名なポッサムのチェーン店らしいです。

f:id:sindemootaku:20210221204023j:image

ポッサムとは、茹で豚のことで主にサンチュとかにキムチと一緒に包んで食べるものです。牛肉では飽き足らない大学生3人は、帰宅後も茹で豚とキムチを片手に韓国のテレビを見てうだうだしました。ちなみにポッサムはもちろん美味しいのですが、コンビニで買って帰ったメロン味のアイス、メロナはお風呂上がりに最高でした。美味しかった〜

f:id:sindemootaku:20210224091701j:image

当時リアタイでやってたギョンスドラマに偶然遭遇して思わずテンションが上がりました。

4日目 カフェ巡りDAY

行った場所: 東大門 梨泰院 カロスキル

3日目の様子を見てお察しかとは思いますが、4日目の我々はザ、胃もたれアンド二日酔いでスタートしました(自業自得)

胃にやさしいものが食べたい、、、そう思って満場一致で歩いていける東大門の有名なタッカンマリ屋さんに行くことに。「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ」は中でも一番有名で、観光客というより地元の人が集う名店です。


f:id:sindemootaku:20210221210944j:image

f:id:sindemootaku:20210221210948j:image

f:id:sindemootaku:20210221211025j:image

昨日東大門にはユッケ通りがあると説明しましたが、なんと「タッカンマリ横丁」もあります。なんでもある町。それが東大門、、、タッカンマリとはなんぞや?と言いますと、鳥一匹を丸ごと煮込んだだけのさっぱりした料理です。水炊きみたいな??感じです。好きなトッピングを足すもよしでしたが、私達はタッカンマリ処女だったので基本のジャガイモと野菜のみ。

マジでシンプルで爽やかな味です。二日酔いにぴったりの味。味薄い、、と感じる人も人によってはいるかも。そのぐらいやさしいお味でした。店員さんの接客はかなり雑だったけど、ゆっくりできたから許す(何様?)ちなみにテーブルにはキムチが置いてありましたが隣のテーブルの家族連れは鍋にキムチを入れてたので「そっかこれ味変のための鍋用キムチだったんだ!?!?」と途中から気づきました。ありがとう韓国人ファミリー。

気を取り直して本日の目的地は「梨泰院」です。友人Bが前々から一番行きたかったカフェたちが全て梨泰院にあるということで、はしごすることになりました。梨泰院は六本木みたい。と私は思うのですが、とにかく大使館が多くて海外の方が多く行き交っている様子です。またビジネス街っぽさもあるので日中は静かですが夜になるとクラブやレストランなどが賑わう感じも、昼と夜の顔がある六本木みたいだな〜と勝手に思いました。

f:id:sindemootaku:20210221214243j:image
f:id:sindemootaku:20210221214247j:image

朝一でタッカンマリをキメた私たちが最初に訪れたカフェは、梨泰院駅からハンガンジン方面に歩いて10分ほどの「anthracite coffee」です。コーヒーオタクの友人Bが、韓国のカフェの中でもかなり本格派と聞いて行きたがっていました。

見た目は靴屋さんをリフォームしただけあって少し無機質でスタイリッシュな感じです。朝イチで行ったのでおそらく周辺で働いてるビジネスマンの人が多くテイクアウトしていっているみたいでした。

f:id:sindemootaku:20210222010149j:image
f:id:sindemootaku:20210222010041j:image
f:id:sindemootaku:20210222010049j:image
f:id:sindemootaku:20210222010152j:image

店内もシンプルかつオシャレで、朝イチできたのは私たちが最初だったので写真撮り放題で楽しかったです。抹茶のスコーン美味しかったなぁ。名前は忘れちゃったのですが私はにんじんプラスフルーツエイドを飲みました。スッキリして朝にぴったりのお味。


f:id:sindemootaku:20210222010722j:image

f:id:sindemootaku:20210222010725j:image

続いて訪れたのは、インスタ映えなラテアートが有名なシースルーカフェ。ここは韓国の人にも日本人にもとても有名なカフェらしくてかなり混み合ってました。(店員のお兄さんドチャクソかっこよくて死んだ記憶)

f:id:sindemootaku:20210222010851j:image

f:id:sindemootaku:20210222011009j:image

きゃ、きゃわうぃ〜!!!してしまう可愛いラテアートのコーヒー。私はシグネチャーメニューである韓国の伝統の角砂糖を少し焼いて、コーヒーの周りにまぶしたフュージョンドリンクを飲みましたが甘さが絶妙で美味しかったです。店員さんクソかっこよかったな、、(2回目)店内は結構カップルが多かった気がしますが、韓国人カップルってこんなオシャレな店で日々デートしてんのか、、すげーな、、という感想を抱いた。

シースルーに限った話ではありませんが、充電OK、wifi使ってokなカフェばっかりなのもありがたみポイントだよね。梨泰院はエキゾチックというか、異国情緒溢れたグラフィティーが街中に溢れてて、歩くだけでもすごく楽しい街でした。


f:id:sindemootaku:20210222011351j:image

f:id:sindemootaku:20210222011348j:image

f:id:sindemootaku:20210222011400j:image

f:id:sindemootaku:20210222011357j:image

夜友人Bは彼女の韓国人の友達とのミーグリがあるとのことで、私は友人Aと再びカロスキルへ。あ、その前に言い忘れてましたが梨泰院のラインショップはめちゃくちゃでかいのに空いててすごくおすすめ。


f:id:sindemootaku:20210222011837j:image

f:id:sindemootaku:20210222011841j:image

当時ハロウィンが近かったこともありデコレーションがたくさんされてて写真スポットが沢山ありました。この日はせっかくカロスキルに来たし!!ということで、ザ、韓国料理ではなく変わり種を試そう。ということになりました。そこで訪れたのが、

韓国料理×イタリアンが食べられる「villa de spicy」


f:id:sindemootaku:20210222012229j:image

f:id:sindemootaku:20210222012232j:image


トッポッキをパスタ風で食べるという斬新な料理がウリで、私はクリームパスタっぽいものを頼んでみました。

f:id:sindemootaku:20210222012312j:image

おしゃれフード、、、、しながら食べてみるとめちゃくちゃマイルドだし食べやすい。ニョッキを食べている気分。友人Aは韓国に私よりずっと詳しいのですが、辛い料理は苦手だったのでパスタ風トッポッキは食べやすくていいね〜!!!してくれました。確かに!!韓国きたけど韓国料理飽きてきたな、、という人に是非一度挑戦してみてほしい。店内も落ち着いた雰囲気で大人っぽくて、デートとかで行ったら盛り上がるんだろうなと思いました(相手はいません)

 

5日目 最終日にしてやっとオタ活を、始める

行った場所: ソウル駅 明洞 江南区 麻浦区 ソンス

文字数がやばいのでここからはクソ駆け足でいきます。エアビを四日目の22時ごろにチェックアウトし、向かったのはソウル駅!最終日はなんと、「チムジルバン」にお泊まりです。


f:id:sindemootaku:20210224085545j:image

f:id:sindemootaku:20210224085542j:image

今回、別々の便で帰るため、早朝便の友人Aがすぐに帰れるよう、24h営業のソウル駅前の「シロアムサウナ」へ。ここ、超有名なのですがコロナ禍の煽りか先日閉店してしまったらしく超ショックでした、、アクセスが神だし、ゲーセンからpc部屋からプールから漫画部屋までラウンドワンとホテルが一体になったみたいな超楽しいチムジルバンだったのに、、タオルを羊巻きにして、アイス部屋やよもぎ部屋、ありとあらゆるサウナなどにいきました。森林浴の部屋がまじで癒されすぎてやばかった。カプセルホテルみたいな感じでそのまま眠れます。

朝は早く起きて朝風呂アンドチムジルバンの中の食堂でラーメンと卵をキメ、ソウル駅のスーツケース預入サービスへ。これ結構神で、出国手続きがほとんどソウル駅で終わらせられちゃうんです。荷物をソウル駅に置いていけば自動で空港まで送ってくれる神サービス。しかもタダ。最終日にスーツケースをゴロゴロしなくても観光ができちゃいます。


f:id:sindemootaku:20210224085951j:image

f:id:sindemootaku:20210224085954j:image

f:id:sindemootaku:20210224090054j:image

荷物を預け、腹ごしらえも済んだので

早速本日の本題「事務所アンドセンイル広告巡り」のスタートです。正直、記憶が死ぬほど曖昧なのですが、まずygの社屋に行き、続いてsmとプレディス(昔の方)ある江南区へ。10月に行ったので色んな人のセンイル広告がありました。

f:id:sindemootaku:20210224090216j:image
f:id:sindemootaku:20210224090220j:image

f:id:sindemootaku:20210224090508j:image

yg社屋の最寄りにはちゃんとWINNERのスンユンオッパ🎶やハンビンさんの広告が。あと事務所前の壁が世界各国のYGオタによる書き込みで凄いことになってました。さすがやね。友人が「アイドルみたいのおる!!!」って言って一緒に張り付いたのですが確かに練習生?みたいな人とマネさんみたいな人が出入りしてました(が、当然練習生までは把握していないのでどなたか分からんかった、、不覚)


f:id:sindemootaku:20210224090303j:image

f:id:sindemootaku:20210224090259j:image

f:id:sindemootaku:20210224090306j:image

ジョンハンさんの広告、カンナムのいろんなところに点在してて足が死ぬかと思いました(バス停多すぎ問題)愛されてるなぁ、、さすがジョンハンさん、、


f:id:sindemootaku:20210224090810j:image

f:id:sindemootaku:20210224090807j:image

f:id:sindemootaku:20210224091639j:image

明洞のロッテデパートではsm town museumでしっかりえくそちゃんずを堪能。若かりしギョンスのグッズが沢山あって嬉しかったな〜。


f:id:sindemootaku:20210224092010j:image

f:id:sindemootaku:20210224092013j:image

セムやYGショップにはサイン入りのアイテムが飾ってあって、やっぱり推しアイドルグッズを見て回りたい人には明洞はとても便利だなーと改めて思いました。(ザセムの店員さん強くてちょっと怯えた女より)

f:id:sindemootaku:20210224092142j:image
f:id:sindemootaku:20210224092139j:image

旅の最後は、お気に入りの街その3「ソンス」の有名パン屋さん「onion」へ。韓国のブルックリン、と言われるだけあって工場だった昔ながらの下町が若者によってリノベされて、おしゃれタウンへと変貌を遂げているそうです。すごくお散歩したくなる街だったな〜。このパン屋さんあまりにも気に入ってひろちゃんにも勧めてしまった(そして行ってくれたのありがとう泣)


f:id:sindemootaku:20210224092430j:image

f:id:sindemootaku:20210224092427j:image

本当に美味しいパンばかりでテンションが上がりました。あんバタパン最高に美味かった。夜便で帰国だったので、ここであらかじめ空港と機内で食べるご飯を調達。パンを食べてたら韓国人マダム達が、ここ座ってもいいかしら〜?とやって来られて相席したのですが、素敵なお茶会を始めてるのをみて、「こんな風な素敵マダムになりたいね〜」と話ながら席を後にしました。

f:id:sindemootaku:20210224092624j:image

というわけで、この後もしっかり仁川空港で冷麺を食い(結局4食食べてる)機内食も完食し、帰国の道へ着きましたとさ。おしまい。

f:id:sindemootaku:20210224093156j:image

(仁川空港で歩きながらブレブレでもギョンスのドラマをしっかり捉えたオタク写真を添えて)まる。f:id:sindemootaku:20210224093153j:image

 

〜オタク、初めての渡韓日記in2018 その1〜

こんにちは、オタクです。遡ること3年前、私は初めて韓国へ友人二人と行ってまいりました。

すごくすごく楽しくてワクワクすることだらけだったし、また行きたいな〜と思うお店ばっかりだったので、せっかくだしレポろうと思います。

お友達のぼうちゃんの渡韓記、めちゃめちゃ面白くて私も書きたい!!!となりました。

 

1日目 初日から食いすぎて腹が爆発しそうだった日

行った場所: トンミョアプ、東大門

大韓航空の最終便で韓国へ。たしか着いたの21時過ぎぐらいだったはず。同乗してるのがガチで韓国の人しかいなくて入国が爆速だったのがラッキーでした(何その感想)機内食はサンドイッチ〜

金浦空港は仁川と比べるとかなりコンパクト(仁川が成田なら金浦は羽田みたいな感じです)なのですごい歩きやすかったです。

f:id:sindemootaku:20210221133337j:image

まず着いたらTーMONEYカード(スイカのようなもの)を購入しました。BTSの可愛いキャラクターのやつ、今でもとっておいてます、、デザイン豊富で可愛い。ドラえもんとかもあった。


f:id:sindemootaku:20210221133538j:image

f:id:sindemootaku:20210221133535j:image

時間遅すぎてガラッガラの電車だったので写真を撮りました。乗車マナーの注意喚起、日本だとマリオとかがやってたりするけど、韓国だとポロロっていうペンギンなのお国柄が出ててかわよいなぁ。

f:id:sindemootaku:20210221133747j:image

あと、妊婦さんのための席が別できちんと設けられているのが素敵だな〜と思いました。席によってはぬいぐるみが置いてあって、空けておけるようになってた。

22時 エアビーで予約したおうちに到着。今回はトンミョアプ(東廟前)という駅の目の前に泊まりました。個人的にはこちらの駅お泊まりする場所としては超おすすめ。理由は治安の良さととにかくアクセス超良い。

f:id:sindemootaku:20210221152821j:image

お化けマークのあたりで、大体ソウルの真ん中からみてやや東に位置する街です。

f:id:sindemootaku:20210221135524j:image

理由1. 駅の目の前にオリヤン、コンビニがあり神

ちなみに地下鉄出口直結のマンションに泊まったのですが一階にコンビニがありました。こんなに駅近で一泊二千円。ほんとに良いところだった。

理由2. 駅自体が1号線、6号線が通っている

→どこに行くにもかなり便利

ただし韓国の地下鉄の場合駅のホームから出口まで死ぬほど遠いプラストンミョアプは階段のみなのでスーツケース持ってる時は死にたくなりました。

理由3. 治安◎東大門に歩いていける

これは大きかった!眠らない街、東大門の近くなので、大通りに面していて交通量も多く、朝〜日中一人で出歩いてもそこまでの不安は感じませんでした(もちろん夜の一人歩きは海外では基本避けた方が間違いないですが)この街自体は比較的住宅が多いのでうるさいということもなくかなり快適でした。

 

到着してすぐにカルチャーショック1が。

友人二人が「よし、じゃ今からチキン食おっか!」と言うのです(22時半です)

「いや無理でしょwwこんな夜遅くチキン屋やってるわけないじゃんww」してたのですが、行くよ〜と言われてあれよあれよと言う間に外へ。

え?まさか歩いていくの?

f:id:sindemootaku:20210221140242j:image

というわけでトコトコ東大門方面へ10分強歩いて到着したのが「キョチョンチキン 東大門1号店」

中はお洒落なビールバーのあるダイナーというような雰囲気で、めちゃくちゃびっくりした。まず何より22時台なのに満席。なに???このにぎわい。韓国の人全員夜行性なの???一瞬ランチタイムかと錯覚しかけました。24h営業ってすっげーな!!

f:id:sindemootaku:20210221140814j:image

お店で一番人気というハニーコンボとポテトのセットとサイダーを頼みました。すごいカリカリでサンドイッチを食べなきゃ一人で全部食べてたかもしれない、、付け合わせのカクテキ無限回収してしまった。

大満足と胃もたれを抱えつつ帰路に着きました。しかし当時は今では絶対に信じられない胃袋を持ち合わせていたため、帰宅後も先に韓国に着いてた友人Aがキンパ天国でテイクアウトしてくれたツナキンパをつまみつつ、2度目の晩餐会(機内食入れたら3回目)食いすぎ。あと途中で寄った韓国のコンビニの飲み物どれも可愛かった、、


f:id:sindemootaku:20210221141215j:image

f:id:sindemootaku:20210221141157j:image


2日目 爆買い祭り第一弾 韓国のモールを巡る

行った場所: 江南区サムソン駅 カロスキル ソウル駅 

前日に朝4時まで起きてたので(馬鹿)昼前からゆっくりのスタートです。しかもこの日は台風で大雨がすごい。とりあえず腹ごしらえしよう!となり、私が行ってみたかったサムソン駅直結の韓国最大級のショッピングモール、COEXへ! 


f:id:sindemootaku:20210221142218j:image

f:id:sindemootaku:20210221142212j:image

モールの中央に位置しているピョルマダン図書館がとにかく圧巻でした。でかい。天井まで本がいっぱいです。

このモールで1日を過ごせるとはよく言ったものだなという感じです。駅直結でとにかくでかいので、天気の悪い日の暇潰しにこれ以上ないというほどぴったり(もっと他の言い方ないの?)ただし広すぎて足が疲れる可能性も大なので、あらかじめいくお店を決めておくとgood。


f:id:sindemootaku:20210221142710j:image

f:id:sindemootaku:20210221142713j:image

お昼は韓国の普通の定食?なんでもある系のお店に入りました。そしてここでまた、私は韓国の洗礼を受けます。

「辛くなさそうな食べ物、死ぬほど辛い問題」です。当時全く韓国語ができなかった私は、メニューの写真で「なんかおいしそう」と思った水冷麺(写真右上)を直感でチョイス。

結果、泣きながら食べました。悲しくないのに勝手に涙出てくるの久しぶりすぎて笑った。そしていわゆるゲテモノ??的な扱いを受けがちなスンデ(写真右)にも初挑戦しました。豚の腸詰めなんですけど、私はスンデ、かなり好きかも!すごいサクサクおつまみ感覚で食べられます。多分市場で元の状態を見てから食べたらまた感覚が違ったのかもだけど、切ってある状態で出てきたので普通のソーセージ的な感じで食べられました。唐辛子のお塩つけると美味しい。舌が水冷麺でやられかけましたが、さすが大きなモール。ゴンチャの甘みで辛さによって削られたHPを回復できました。

f:id:sindemootaku:20210221143325j:image

他にcoexに行かれる方にぜひ寄って欲しいのは韓国のダイソーです。クレヨンしんちゃんが韓国では市民権を獲得しているのだな〜とここでもお国柄の違いを感じて楽しかったです。日本のキャラクターが海外で人気だと勝手に嬉しくなるのって日本人あるある??

なんと奇跡的に雨が止み、ここからは同じ江南区に位置するカロスキル(日本の表参道みたいなところ)に移動しました。カロスキルに連れてってくれた友達に本当に感謝したい。私の中では今でもソウルの中で一番お気に入りの街です。

f:id:sindemootaku:20210221143755j:image

清潔で、イチョウ並木通りがすごく綺麗で歩きやすいです。なんとなく歩いている人もお洒落な感じだったり、韓国人の友達から教えてもらいましたが店員さんもモデルの卵が多いんだとか。うるさすぎず、歩きやすく、じっくりお買い物できる感じがとても好き。そしてなんといっても、可愛い洋服屋さんがいっぱい!!

特におすすめなのがこちらの二店舗

ALANDとキムズブティック

f:id:sindemootaku:20210221144016j:image

f:id:sindemootaku:20210221144156j:image
f:id:sindemootaku:20210221144153j:image

です。前者は比較的ストリート系やユニセックススタイルに強く、後者はエレガントで女性らしい格好のお洋服が多いです。

ALANDは明洞やホンデにも店舗がありますが、店舗によって品揃えが全く違うので、ぜひ全て行ってみることをおすすめします。明洞の方がストリートに近い感じだったかな〜と思う。ビル丸々がALANDになっているカロスキル店が個人的には一番色んな系統の洋服が集まってて好きです。セレクトショップなのですが、地下はユニセックスブランド、1階にはロマクラなど有名どころやコスメ、バッグやお財布、靴下まで色々売っています。なので、お土産を探している人にもおすすめ。一番上の階には古本や昔のビンテージ雑誌なんかが売っています。眺めてるだけでも楽しかった。

友達はALANDで友達に配る用のパックと自分用のアロマキャンドルとスウェットをお買い上げしていました。(ちなみに、昨年末渋谷に日本1号店が出来てたので行ってみたのですが、全体的にやはり値段が韓国で買うより高めなので、ソウルのALANDで買うのが一番だと思います)キムズブティックはとにかくおしゃれで鮮やかレトロ綺麗なワンピースがいっぱいあります。alandはセレクトショップですが、キムズブティックは自社ブランドが殆どでここでしか買えないものがいっぱいあるので、一見の価値ありです。

沢山お買い物して疲れたので、カロスキルといえば!!なカフェに行ってきました。その名もC27


f:id:sindemootaku:20210221150212j:image

f:id:sindemootaku:20210221150209j:image


C27ってなんぞ???と思ったのですが、ここはなんとチーズケーキ専門店なんだそう。27種類ものおっきなチーズケーキから、お好きなものを選んで食べられちゃいます。いっぱいあって迷っちゃうのでぜひ複数人で行ってシェアするのがおすすめ。

f:id:sindemootaku:20210221150423j:image

ショーケースいっぱいに並べられたチーズケーキがとにかく美味しそうで眼福でした。基本的に席は自分たちで探すスタイルで、1階から3階までテラス席含め沢山席があるので、人気店ですがウェイティングは私が行った日はなかったです。

f:id:sindemootaku:20210221150611j:image
f:id:sindemootaku:20210221150615j:image

(3人だったのでレアチーズ、レモンチーズケーキ、オレオチーズケーキで乾杯しました🎶ボリューム凄かった)

そしてここでまた、韓国の洗礼を私は受けました。

「韓国カフェ、kpopアイドルばりにコンセプト作り込んでる現象」です。Instagramをやっていなくて流行とかに疎い私でしたがこの時初めて、「インスタ映え」という概念を理解したように思います。

洋服屋さんも映え。カフェも映え。店員さんはイケメだし、店内はおしゃれ大理石だし、お花も飾ってあれば謎のピアノまで置いてある。端から端まで絵になる空間でした。写真に興味のない私ですら、せっかくだし記念に撮ろう!!という気持ちにさせてくれる素敵な場所だったなぁ。

ちなみに韓国のカフェのレベルの高さはこれだけではない。コーヒーやケーキもしっかり美味しいです。韓国人の友達曰く、

「韓国はカフェがただでさえ多いからオシャレさや独自性を出して、ライバルとの差別化をはからないといけない。しかもただお洒落にするだけではダメで、コーヒーとかシグネチャーメニューがしっかり美味しくないとリピされなくてすぐ競争に負けて廃れる。顔が良くないと採用されないことが多いから、韓国ではカフェの店員はアルバイトの中ではステータスみたいなものなんだよ」

韓国カフェ業界、KPOPか????

と思わず考えさせられました。凄いなぁ、、

f:id:sindemootaku:20210221151419j:image

トイレまでインスタ映えしててどうしようかと思った。(もちろん撮りました)そういえば渡韓前に懸念していたことの一つ、トイレ問題でしたが、2018年には下水はだいぶ整備されているのか、流してokのところがほとんどでした。紙は流したらNGで隣のゴミ箱に捨てるスタイルが多かったかな〜

カロスキルを堪能後、今度は食材など本格的にばら撒き系のお土産を買おうという話になり、ソウルの真ん中、ソウル駅へ。

f:id:sindemootaku:20210221152126j:image
f:id:sindemootaku:20210221152132j:image

ソウル駅の駅舎は東京駅っぽくてレトロ可愛かったです。ただ個人的な感想ですが、古い駅舎のある側は夜少し治安が悪いと感じました。路上生活の方とか結構いる感じだったかも、、なので昼間に訪れるのをお勧めします。

爆買いスイッチの入った私たちは、駅のお隣にあるロッテマートへ。とにかくおっきなスーパーで、化粧品から食材、日用品までここで全て揃えられます。このロッテマートでもまた文化の違いが、、、「スーパー内にあるご飯屋さんでそのままご飯食べられます」これって日本の一部の百貨店とかでもある、デパ地下の中にあるレストランみたいな感じより形式ばってなくてほんとに食材売ってるど真ん中に大将!みたいな人がいてカウンター席で好きなものを頼んで食べられるんです。レストランと屋台の中間みたいな感じかな??

韓国のb級グルメが多く、買い物沢山して疲れたな〜買い物続けたいけど座りたいな〜小腹が減ったな〜って時に、わざわざ他の階にいかなくても食品売り場でささっと注文して食べて、またスーパーで買い物できるのがよき。

f:id:sindemootaku:20210221153407j:image

私はマンドゥとキンパのセット、友達はプルコギ鉄板定食を食べました。テイクアウトよりもしっかりしたものが食べられるし、少し友達と話す余裕もあって、長時間のお買い物で疲れた身体を少し休められて良かったです。

f:id:sindemootaku:20210221153825j:image

この日の戦利品はこちら。2日目とは思えない物の買い方をしていますね。自分でも怖いです。

ロッテマートで買った物→にんにくの効いた美味しいと噂のムパマラーメン、激辛キムチ味のツナ缶、海苔スナック(これマジで美味いので毎回買って帰ることになる)、おかし

オリヤンで買った物→ドクタージャルトとメディヒールのパック、COSRXのおぢさんパッド(これも毎回買って帰る)、ミジャンセンのトリートメント(友達のおつかい、頼まれもの)

カロスキルで買った物エチュードハウスのウユクリーム、アートボックス(雑貨屋さん)のカカオのキャラクター絆創膏、可愛いバナナのポストカード

 

一つの記事で4日分の旅行記を書くつもりでしたが当然無理だったので、3日目からは次回の記事に移行することとします。美味しいものいっぱいで安いが沢山ある韓国、やっぱり楽しいなぁ〜 まる。

 

オタクの1月買ってよかったもの(コスメ購入品)

こんばんは、オタクです。早いもので2021年になってもう1ヶ月は経過してしまいましたね。

年末からお正月にかけて物欲が凄くて、とにかく色々なものを試してきたのですが、せっかく買っても何がよくて何があんまりだったのか、記録しないと忘れそうなので記事にすることにしました。

 

ただ、人によって合う合わないはあると思うので、

あくまで私の場合ということをご承知おきください。インナードライの乾燥肌の私がおすすめする買って良かった購入品です!

 

<スキンケア編>
1.キュレル ディープモイスチャースプレー

f:id:sindemootaku:20210215194018j:image

 以前こちら↓の記事で化粧水ミストがメイクの仕上がりとモチにいかに重要か語ったかと思うのですが、

長らくフリープラスのミストにお世話になってて、使い切ってから肌のかさつきと夕方のメイク崩れと乾燥に悩まされていたので、キュレルの似たようなスプレーを買ってみました。お友達のひろちゃん(彼女は確か混合肌だったはず)が使っててよさそうだったのも理由の一つ。結果、大正解だった!

私はアトピー持ちで敏感肌なのでスキンケアは結構当たり外れある方なのですが、キュレルはクリームとかも今まで荒れたことはなく、こちらも大正解でした。メイク前とフルメイクした後にシュッと一拭きするだけで、その日マスク崩れや1日の終わりに感じる乾燥がかなりマシになりました。

サイズ展開も豊富で持ち運びしやすいのも良いよね。間違いなくリピする予定です。

 

2. ラロッシュポゼ トレリアン薬用モイスチャーローション

f:id:sindemootaku:20210215194348j:image

正直なめてたら実はとんでもなかったシリーズの一つです。ラロッシュポゼっていうと私の中ではいつもお世話になっているトーンアップクリームの印象で、元々スキンケアメーカーというのはなんとなく知っている程度だったのですが、これは本当にすごい。

ただの水っぽい化粧水で本当にシンプルなやつだとは思うんです、塗るまでは私もそう思っていた。とろみとかもあんまりなくサラッとしているはずなんですが、お顔につけた瞬間、謎にとぅるん、ってなります。それで、しばらくは「染み込みも悪いしこれ大丈夫か〜??」してたんだけど、いつのまにかお肌の中に全部入ってる。そしてその分お肌がもちもちになっていました。肌が化粧水を食べた!とか大袈裟な表現では?と思っていたけど、ここまでねっとりとかベタベタの不快感なく、ちゃんと保湿してくれる化粧水は久々だなあという印象。

乾燥肌だけどとろみの強い化粧水苦手という人に勧めたいです。難点は気を抜くと大量に出てくるのでうっかり出しすぎて無駄にしてしまったこと数回、、、という点だけですね。すごく癖がなくて使いやすいと思います。

 

<ヘアケアネイルケア編>

1. EARTHEART オーガニックナチュラルバーム

f:id:sindemootaku:20210215195253j:image

「私も美容師さんみたいにサラッと前髪セットできる人になりたい!!」を叶えてくれるヘアバームです。美容室で前髪をシースルーにしてもらっても、毎回強風に煽られて翌日から前髪がどこかに消え去っていたわたし。なんとかしておしゃれ前髪にしたい、の一心で探して口コミが良かったので買ってみました。

これは本当に心からお勧めできる!!天パの私が保証します。前髪のホールド力半端ないです。風が吹いても全然崩れないし、かと言ってガチガチに固まることもない。本当にすごい。マルチバームなので手に残っても害はないしベタベタ感もすぐ洗えば取れて楽ちんです。

いわゆる濡れ感ツヤ感も出せるので、私のように常にパサパサ髪の毛もパーマとカラーで傷みまくっている人にも是非お勧めです。

多分プロダクトとナプラあたりがヘアバーム系の有名どころだと思うのですが、それより少しお安く手軽に買えるのでバームを初めて手を出す人にはぜひこちらをお勧めしたいです。

 

2. 24hコスメ ナチュラルネイルオイル

f:id:sindemootaku:20210215200107j:image

乾燥肌の妖怪がどのぐらい乾燥しているかというと、顔や髪の毛だけではなく、しっかり指先まで乾燥しています(自信満々に言うな)

これは期待してなかったのに思わぬ救世主になってくれたありがとうアイテムの一つ。私の場合は年がら年中いつなんどきもささくれに悩まされていまして、栄養不足かな??とか色々悩んでネイルケアクリームとかハンドクリームとかこまめに塗ってみたもののまーどれも効果がなかったんですよね。

そんな頑固な私のささくれちゃんと突然のgoodbye 君の運命の人は僕じゃない〜〜🎶を果たせたのはこの子を塗り始めてからです。

見た目はリップグロスみたいな感じでアプリケーターが細くてわりかし塗りやすいです。ただ週に1回ぐらい気が向いた時にこれを塗り塗りしているだけなのですが、いつのまにかささくれが現れなくなりました、、感動。私は敏感肌なのでオイルものを顔に保湿で塗るとニキビが絶対できるのですが、手にはオイルガッツリぐらいの保湿力が必要だったみたいです。24hコスメは定期的にバカ安セールをやっているので次のセールの時にまとめ買いをしようと思ってるところです。

 

<コスメ編>

1. bbia ラストベルベットリップティント カオシュンレッド

f:id:sindemootaku:20210215201132j:image

先日、惜しくも日本撤退(今は復活)してしまったbbiaより、本国でもナンバーワン人気のラストベルベットティントをご紹介。

元々このティントを購入する予定はなく、撤退直前に別のコスメをストック買いしたところ、なんとサプライズでbbia公式ショップさんがプレゼントしてくださいました。心意気、、、

f:id:sindemootaku:20210215201138j:image

皆さんご存知の通り韓国では基本的にツヤリップよりもマットティントが一大勢力となっていて、その中でもbbiaはコスパの高さでファへとか殆どの韓国コスメランキングサイトで殿堂入りを果たしています。元々bbiaのティントは使ったことあったのですが皮剥けしてしまったこともありわりかし半信半疑ではありました。しかし今回はなんと、ずるむけになりませんでした!!!サイコウ!!!!!

色はかなり鮮やかな赤でアジアの街の名前がついたこちらのシリーズはオリエンタルな感じで明るい色みが多めです。カオシュンレッドは他の色に比べるとブルベ向きかなという感じはします。青みが強い赤です。

着色力はそこそこかなという感じです。けど落ち方は汚くないので塗り直しやすいかも。そして落ちると少し青みピンクぽくなります。個人的にはティッシュオフした後のこの青みピンクが結構好きだったりする。なのでわざと薄めに塗ったりすることが多いです。

f:id:sindemootaku:20210215201905j:image

(オフした色、まさにこの公式写真そのまま!)

元々私自身はマットリップ好きなので、久々に荒れないものに出会えてとってもテンションが上がりました。クレンジングでしっかり落ちて色素沈着もしにくそうなので、今度のメガ割で別の色も買おうかなと検討中です。

 

2. ロムアンド ザユニバース リキッドグリッター01 スターダスト

f:id:sindemootaku:20210215202130j:image

こちらもかなり有名なので今更紹介する必要あんのかよく分かりませんが、とにかく私にとっては初めてのロムアンドのアイシャドウ(?)だったので紹介したいです。

涙袋メイクに命をかけているのですが、会社には無理だけど休日はギラギラさせたくて年末ずっといろんなブランドのグリッター比較動画を漁っておりました。で、最終的に価格と色味と取れなさと塗りやすさ、全てを諸々加味してこちらの01番を買ってみました。

f:id:sindemootaku:20210215202733j:image

1番はいわゆる一番ベーシックなカラーでシルバーラメと青の偏向ラメが入っているので選びました。2番のピンクと4番の青も悩んだんですけど、一番色々なメイクに合わせられそうなのと涙袋と馴染みそうだな〜ということで選びました。元々下瞼はびっくりするほど涙袋がないのですが、目頭側にこれを置くときもーち求心顔に近づけられるかな?という感じです。何よりキラキラしてるのが可愛い!!可愛いは正義!!!

サマーはグリッターゴミになりやすいのわかってるし実際私もゴミかな?と思ったらグリッターだったということもあるのですが、こちらは可愛くキラキラ☆してくれるし割と定着率が良いので少し擦ったぐらいでは取れなくてとっても優秀です。アプリケーターもとても使いやすいし、目に刺さる!!痛い、、、みたいなことがなくて安心して使えました。

 

3. Hince New Depth eyeshadow allure in motion 

f:id:sindemootaku:20210215203304j:image

こちらはひろちゃんから譲り受けたアイシャドウのひとつ!地味にお初ヒンスです。私の中で、「絶対に事故るから可愛いけど買わないようにしている」韓国コスメブランドっていくつかあって、

まさにヒンスがその一つなのですが(アイシャドウは特に基本的にミューテッド向けが殆どなのでお洒落カラーなんだけど私は高確率で死ぬ)ひろちゃんから「私にはこれ厳しかったんだよね、、」と託された時は使命感に満ちて使ってみよう!!と思ったのを覚えています。

f:id:sindemootaku:20210215203711j:image

韓国の人気youtuberミンスコさん(私は韓国のアイシャドウを使う時はミンスコさんのレビューを見てから買うようにしています。新作シャドウをいつも丁寧に16タイプパーソナルカラーだとこのタイプにお勧め!してくれる神)がこのカラーはブルベ向けのまさに陰影カラー!と仰っていたのですが、

ほんとだ!!!と思いました。事故ることを覚悟で使ってみましたが、凄く今までになかった色でお気に入りになりました。

f:id:sindemootaku:20210215204037p:imagef:id:sindemootaku:20210215204041p:image

ローズベージュでとても落ち着いたカラーなので、事故る空気を感じていたのですが、思ったよりも発色が淡いです。なので調節がしやすく、私の場合はハイライトをあらかじめ目の周りに塗ってから上からこれを重ねると上品で控えめなピンクカラーになります。大人っぽい格好をする時にぜひ使っていきたいです。

ちなみにミンスコさんはチークとしても使われていましたが、私はこれをやると顔色が土になったので上から別のハイライトを重ねました。これからはアイシャドウとして使っていこうと思います。笑

 

<番外編 買う前に注意したほうがいいよ!シリーズ>

ここからは、失敗とまでは言わないものの、多分リピートはしないかなーというシリーズをまとめます。いずれもとっても人気で有名な商品なのですが、私の好みとは少し違っていたので、購入を検討している方がいらしたら、本当に試してから!!!買うことを勧めたいです!!

 

1. ローラメルシエ ホイップトボディクリーム アンバーバニラ

f:id:sindemootaku:20210215204647j:image

かつて一世を風靡したボディバターの代表格で、アイズワンの宮脇咲良さんも使っているらしいこちら。本当に大人気でローラメルシエのボディバターの中でも一番人気らしいのですが、シンプルに結構香りが強いので、私は割と酔ってしまいました(爆)勿体無いので最後まで使いますが、簡単に言うとかなーーーり甘ったるい香りがします。

バニラ!!どん!!って感じです。甘い香りが好きな方には最高のボディクリームだと思います。私よく考えたらそもそもバニラの香り自体そこまで好きじゃないのになんで買ったんだろう、、、

ということで、他の香りも全て嗅いできたのですが、結論から言うとこちらのシリーズは全部なかなかの甘さです。フィグとかクレームブリュレも相当甘い香りでした。私個人は、そもそも香水が苦手で代わりとしてボディクリームを買ったんですがボディクリームそのものが香水並みの威力を発揮します。

というわけで、人によって好みが分かれる香りかもしれないということがわかりました。次ボディクリームを買う時は香りをめちゃくちゃ吟味してから選ぼうと思います。ただ部屋に置いてると可愛いしなかなか無くならなくてコスパはよいのではと思います。

 

2. Aesop レスレクションハンドバーム

f:id:sindemootaku:20210215205604j:image

私のTwitterを知っている方からしたら、「おいお前!!!このハンドクリームベスコスに入れてたやないか!!」となっていることでしょう。大変失礼致しました。

今でもこのハンドクリームのことは大好きなのですが、香りがこちらも相当独特です(だから目覚ましにいいなと思ってベスコスに入れた)なんていうか、ザ、ハーブ。草!!って感じの香りがします。コスメキッチンの店内みたいな香りです。

先程のローラメルシエよりは好きな香りなのですが、パッケージと香りのギャップがまあまああるので、買おうと思ってる人には試してからにしてほしいな、という願いを込めて選びました。そこまでのベタつきもないですし、保湿力が飛び抜けているという印象もないですが、肌荒れすることもなく割と使いやすいハンドクリームだと思います。

あとは容器が若干使いにくさ?硬いのと中身がたまに出てくる怖さがありますが、自宅に置いておくようならいいのかなと思います。私はもうこのハンドクリームのビジュアルが好きなので堂々と最後まで使い切るつもりです。

 

というわけで長くなりましたがこんな感じでした。ここからいくつが21年のベスコスに食い込んでくるのか、今からワクワクしています。

2月はコスメをほとんど買う予定がないので、また3月に良いものを見つけたら記事にしたいと思います。まる。

推しがついに除隊しました。〜人は変わるものなのに、変わらないひと〜

(タイトルでお察しかと思いますがこのブログはいつもの500倍ポエマー風味でお届けしています)

どうも、こんにちはオタクです。私は今2021年に入ってから最も気分のよい日を過ごしています。

なぜなら。ついにあの人が帰ってきました。

f:id:sindemootaku:20210126132807j:image

夢にまでみた、軍服を着ていないギョンス。険しい顔で、眼光鋭く敬礼するわけでもなければ、役に入り込んだ時のように虚さを見せる瞳があるわけでもなく。

(除隊した気分は?)「すっご〜く、良いです。」

何度も何度も噛み締めるように、はにかみながら、真っ黒い無地のカットソーを着た彼がゆっくり言葉を選びながら話す。

 

う、うわぁ〜〜〜!!すごい。ギョンスちっとも変わってないじゃん。

最初に映像を見た時に思いました。どれだけ離れていても、一瞬で推しを追いかけていた時のあの高揚した気持ちをオタクに取り戻させる力。それはたぶん、ギョンスの「ブレなさ」が溢れ出していたからだと思います。

推しも人間なんだから、変わるのは当然。私はそう思っていますし、変わらない方が偉いとか、変わることが悪いことだとかも思いません。けれど、何かを変える勇気と同じくらい、「変わらず自分自身でいること」が昨今はとても難しくなっているような気がします。

それは、自分自身がどんな人間であり、どうありたいかを把握するだけでなく、今のそのままの自分をまるっと肯定して信じる力を持てる人が少ないからだと思います。そしてギョンスを唯一無二の存在たらしめているのは、この彼が持つ「誰よりも自分自身を一番信頼している感じ」なんだよなぁ、、と改めて思わされました。

ギョンスはvライブの初っ端に、「全然変わらない」というペンからのコメントを見て、「僕、変わってないですか?違う姿をお見せしようと思ったんだけど、、、」と首を傾げていたけど、

ギョンスのその変わらない所が、激動の歴史を歩んできたEXOの精神的支柱になっているんだよ〜。本人は意外と自分自身に無頓着そうな所がオタクは好きなんだけど。

 

とまぁ初っ端からメガトン級のスタートを切ってしまいましたが、ギョンスが主体でvliveをしたのはこれが彼の8年のアイドル人生史上初(他ファンダムからしたら信じられないかもしれませんが、推しはそういう人です)ですし、簡単なレポと雑感をまとめたいと思います。

その前になぜこのvを纏めたかったをもう少し。

ここまででお察しの方もいるとは思いますが、ギョンスってまじで寡黙なんですよね。何も考えてないとかではなく、逆にめちゃくちゃ考えている故のものなんだろうけど、自分達だけでいると途端にうるさくなるexoちゃんずで、ギョンスはいつも淡々と静かに皆の話を聞いている。そういうキャラ立ちの仕方によって他の子に比べてクールなイメージを割と持たれやすいと思うんです。

けど蓋を開けたら意外と笑い上戸だし、真面目なんだけど結構ふざけるとおかしくなる(授賞式やライブになると奇行を起こしがち)し、口数は多くないけど笑いをかっさらうし、1人が好きな風で結構弟やビーグルラインと旅行するし休日は俳優ヒョンとお出かけするし予定を詰め込むタイプ、、、?

何が言いたかったかというと、ギョンスって寡黙が故に、私たちファンから見えない部分がめちゃくちゃ沢山あって未だにその見えない部分がこういうvライブとかで表出した時にうわぁ〜!!ってオタクを驚かせるんですよね。

人が変わるのではなく、同じ人の隠れていた部分が見えるような。上手い例えが思いつかないのですが、塩おにぎりを食べていたら、中に唐揚げが入っていることに気づいた。みたいな感じです(今世紀最大のは?が聞こえる)

 

というわけで今回のvliveは、ギョンスの「変わらないギョンスらしさ」と見えていなかったけれど「実はギョンスってこんなひとだったんだ」を同時に見ることができた気がします。exoでいる時の1年分ぐらい()喋ってくれたおかげで、オタクは何年目になっても未だに推しについて新たに発見があるね、、。では以下に、今回の発見を簡単にまとめていきます。

 

かわらないところ

•やはり短髪で登場

•やはり無地の黒Tで登場(ギョンスのワードローブの8割は多分これ)

•vliveの使い方がわからないので縦画面

•コメント欄についていけず、真剣に読むあまり静止画になる時間が続く→数分後「あっ。これって、ずっと喋り続けないといけないものなんですか?」

•無言が長すぎてマネージャーさんが質問を振り出す

•基本声のボリューム小さい

•せふんちゃんがうるさいし上機嫌

•せふんちゃんにダル絡みされて「うるさい(小声)」ほっぺハートをやれと言われて「やだ(即答」

•しつこくせふんちゃんに言われて「あーもう!お前でてけ!やめろ!(キレ)」けど結局折れる

•ほっぺハートって何ですか?byギョンス

あれだけギョンスにやれやれ言ったのに「ほっぺハートって何?」されて「知らないよそんなの、とにかくやって!!!」するせふんちゃん(exoで甘やかされた大マンネ降臨しまくっててわろた)

※このくだりあまりにも面白かったので貼ります。

ギョンスが帰ってきたことによって近年稀に見るテンションの高さのせふんちゃんとセフンちゃんに呆れるギョンスの構図が昔と変わらんすぎて、、愛。

このめちゃくちゃな言いがかりがカイくんとせふんちゃんにだけ許される、exoのマンネズに絶対甘い構図、一生やっててほしい。


•そしてギョンスと同じく、昔っから他メンバーの現場に差し入れしたり、絶対顔を出すせふんちゃんの義理堅さも全く変わっていなくて好き。(ギョンス曰く、セフニが沢山お祝いしてくれましたとのこと)


•せふんちゃん「ギョンスヒョンと今度登山一緒にする計画を立てています」なんだかんだこの2人ちょこちょこ旅行とか一緒に行ってるよね可愛い。

 

びっくりしたこと

•ギョンスからのたくさんのサプライズ

サプライズとかあまりやらない子?だと思っていたし、なんなら全部本人の意思かどうかは分からないけど、嬉しい発表がいくつかありました。

1.このvliveと、bubble

先述しましたように、ギョンスはSNSをメンバーの中で唯一全くしておらず、関心がないとも以前から公言していました。そんなこともあり、先に除隊したシウちゃんのように盛大なvliveは絶対やってくれないやろ、、、、という諦めの空気がエリの間にはあったのですが、

何と日付が回ったタイミングですぐ、vliveを始めてくれました。除隊当日はできない規則になっているとはいえ、決してマメな方ではないギョンスが、わざわざ直接ファンに挨拶する機会を開いてくれたのがすごく嬉しかったです。本人の意見かは知らんけど。

でも、この表情を見ればお分かりの通り(?)今日のvのギョンスはいつもに増してニコニコしていて本当に除隊して嬉しくて仕方ないんだな、、、というのが伝わってきて良かったです。

f:id:sindemootaku:20210126145109j:image


f:id:sindemootaku:20210126145235j:image

f:id:sindemootaku:20210126145232j:image


そして、SMのオタクならご存知の方も多いとは思いますが、ファンとチャットできるSNSサービス、bubbleをなんとギョンスも始めてくれるそうです(ちなみにこれも時間きっかりに始めてくれました。)ギョンスがSNSをどんなふうに使っていくのか、今の私には全く想像がつきませんが、愛犬の墨汁ちゃんや胡椒ちゃん、手料理の写真とか見たいな、、(既に強欲なオタク)

 

2. アルバム制作中

おそらく、ソロアルバムを作っている最中のようで、作曲は終わり作詞をしている所だそう。ギョンスといえば、ケンチャナドケンチャナ(英タイトルThat's okay)が唯一のソロ名義の曲だと思いますが、ベッキョン、ジョンデ、スホさん、しうちゃん、カイくんに続いてやっとメボの1人であるギョンスがソロアルバムを出してくれることが本当に嬉しいです。

急にまた重い話になりますが、近年特に彼は俳優としてのキャリアも積みつつある中で、どんどんexoそのものもや歌手に対しての熱量が相対的に下がってしまわないかな、、と危惧していた部分があったのですが、オタクの勝手な杞憂でした(ギョンスごめん)。急ぐように入隊した推しにも、しっかりと準備する機会が与えられていてとても嬉しかったです。SMの最近の雑なexoの扱いを見直した(チョロオタ)

ギョンスのSMっぽさがあんまりないソウルフルでファンクな感じ?の歌声と、ケンチャナドケンチャナで見せてくれたとっても繊細で優しい歌詞に、また出会えるのかと思うと、2021年捨てたもんじゃないなと早くも思いました。これで21年は生きられる。

 

3. あの、置き土産の話

そして何よりも、一番嬉しかったのが、vliveの途中で少し恥ずかしそうに目を伏せながら、ギョンスが突然発表してくれたことです。

皆さんにライブで歌ったものをお聞かせしたくて、、vliveが終わったら上がると思います。

そう言ってあげてくれた、ケンチャナドケンチャナのスタジオバージョン。

ブログを始めたばかりの頃、ギョンスを待っていた約半年前に書いた記事を思い出しました。そして、「やっぱり私、この人を応援していて良かった」と心から思った。

時には泣いて、笑い

時には期待して傷つき、ときめいたり鈍くなったり

言葉にできない悩み 心にぽっかり空いた穴

いつも同じように流れる時間が

洗い流してくれるから

流れるように生きたっていいんだよ

大丈夫でも、大丈夫

ギョンスのこの言葉のおかげで、エリたちはゆっくりと各々好きなペースでexoを追いかけることができたし、exoのファン以外の人でも気持ちが楽になった方は沢山いると思う。

実際に私も、ギョンスのいない間exoを追いかけつつ他のアイドルにハマったり、時間の流れるまま好きなように過ごしてきた。そして除隊したいま、ギョンスがもう一度この歌を送ってくれることは、

離れていた間他の場所にいたことを肯定してくれるような不思議な温かさがあるように思います。

 

そして同時に「変わらないらしさ」がそこにあることを目を閉じて歌うギョンスから垣間見ることができたように思います。愛嬌は変わらず苦手だし口数は少ない、けれどいつもファンの健康を大切に気にしてくれるギョンス。頻繁ではないけど、こうして大事な機会にはしっかりと気持ちを伝えてくれるところ。次の俳優の仕事も歌手としての仕事も、真心を込めて打ち込み続けているところ。

不言実行

淡々と仕事にうちこみ、その背中で、そっと気持ちを伝えてくれるような。

全部変わらないな。ずっと応援したいな。そう思わせてくれてありがとうと言いたいです。

 

長くなり相当な厨二病の文章ができあがってしまいましたが、最後に一番大事なことを言い忘れていた。

f:id:sindemootaku:20210126153349j:image

おかえり!ギョンス!!

 

〜完〜

 

*画像等お借りしました。

ギョンスの転役記念vを纏めてくださった方がいらっしゃったのでyoutubeのリンクも貼っておきます。

1月のお気に入りソング

お友達のブログを見て、私も1月のお気に入りソングそろそろまとめなきゃ〜しておりました。

1月は新人グルのカムバが豊作でしたが私個人としては最新の曲というより特定のアーティストの曲を片っ端からつまみ食いしていた、という感じです。

(ギョンスも帰ってくるしそろそろexo完全体の新曲が聴きたいよ〜えっせむ、聞いてるか〜?)

 

先にネタバレしてしまうと、最近私の中でday6とドボの波がまた来てまして、だいたい何か音楽を聴きたいな〜という時はこちらの2組からピックアップして適当にシャッフルしております。なので結構偏りがあるかもしれませんが、今回もどうぞ。

 

1. My Treasure/ TREASURE

待ってた。こういうの。新人ボーイズグループにやってほしい全てが、ここにある。そういう歌です。正直トレジャーってygだけあって、実力メンだらけで、ゴリゴリyg音頭でデビューしてからイカツイサウンドを貫いてきたみたいなとこはあったと思うんです。でもここにきて、めちゃくちゃ良いスイートでポップ、少し切なくて、淡い。そういう歌を出してくれてとても嬉しかったです。

ゴリゴリEDMでないですし、ygの正統派とは少し違うと思うんですが、ミチョガネやorangeみたいに、実はトレジャーってバラードやpop歌わせたらすんごく良い曲揃いだし、それを活かせる声質と爽やかさを兼ね備えた子ばかりなんだろな〜する。

本当にこれはトレジャーとかyg興味ない人にこそ聞いてほしい歌です。歌詞も素晴らしくよい。なんだか、明るくて幸せなのに泣けてしまう、そんな歌です。イェダムちゃんの声質がめちゃ活かされてて泣いた。

そしてmvを見て頂ければわかると思いますが、このコロナ禍への応援歌になってるんですよね、、本当に元気をもらえる素敵なメッセージだと思います。

 

2. Reveal / THE BOYZ

いや〜まんまと、ドボの餌食にハマってしまったな。と確信した一曲。この他にも最新曲stealerや、先月紹介したno aird.d.dなどでも思っていたのですが、ドボってもちろんメンバーのダンススキルの高さはもちろんのこと、独特な振り付けの歌が本当に多いんですよね。

それこそセブチやトレジャーもそうですが、人数が多いからこそ構成ダンスが得意で、本当に動的でダイナミックな振り付けが多いと思うんです。

例えば、画面の奥から手前に登場する振り付けだったり、上から落ちてきたり、とにかく舞台全体を目まぐるしく沢山の人数が動く楽しさ?みたいなものがあって、曲もそうですがパフォ込みですごい見応えを感じます。

revealを最終的に選んだ理由は、圧巻の揃い方をしているサビの振り付けと、イントロからもう分かっちゃうキャッチー感。に惹かれたからです。ドボってあの人数でソヌくんとエリックしかラップ担当いないからこそ、たまに入るラップがめちゃ良いスパイスになってんな〜って思いました。

 

3. Finale / Day6

基本ミーハーな私がわざわざB面の歌を紹介することは滅多にないのですが、本当にいいんだよね〜となってしまったので紹介します。

まじで歌がうまいバンドは、やっぱり日本語も上手いし違和感ない。ということを教えてくれました。

あんま知らない人が聞いたら普通に日本のバンドって思いそう。

あとすごい言いたかったのが、day6って本当にボーカル4人の声質全然違うんですよ。ギターのスンジンさんはがなりが強目でロックっぽい歌声で、逆にキーボードのウォンピルおっぱ(顔だいすき)は甘くて高ーい声なんです。それでジェイくんはめちゃくちゃハスキーだし、ヨンケイ先輩は艶っぽくてセクシーなのに力強いカメレオン的な声してるんですよね。そして総じて激ウマ。バンドなんだから当たり前だろと言われたらそうかもしれんが、気持ちいいぐらい上手くて耳が喜んでしまう。ライブバージョンを聴きあさりたくなることうけあいです。割とすぐ聞き分けできると思います。

もう全員の声が全く違っていて、それぞれが歌うパートがまさに!!そこでその声を聞きたかった!!!!って感じでいいんですよね、、、

そもそもでいろくに出会うきっかけがスキズメボのスンミンくんがday6ガチオタ(ファンクラブ入ってる)という所から聴くようになったのですが、もしかしたらjypアーティストで一番楽曲の方向性が好みかもしれません。ありがとう、day6を教えてくれて(今となってはすんちゃんに感謝)

もうday6の楽曲に関しては、好きすぎて説明する語彙力がありません。声がいい。メロディもいい、歌詞もいい。顔もいい。っていう状況。今は2人お休み中だから早く完全体が見たいです。

 

4. Sweet Chaos/ Day6


普段バンドをあまり聞かず、最近のbpm高めの音楽が好きな人にこそ、入口としてお勧めしたいのがsweet chaosです。これ、演奏する側は相当大変だろうなっていうレベルのアップテンポソングです。

もう〜〜〜困った。day6まじで、全ての歌が良い。day6の歌って基本げきおもバラードvsこういうノリの良い歌のどちらかなんですが、こういうアップテンポのバンドソングはやっぱり元気貰えていいよね〜スンジンさんのがなりとサビの相性がよすぎる。

ちょっとメロウな始まり方するのがもうオシャレなんですよね。あれ?全然アップテンポじゃないじゃん笑笑とか思ってるとこうだんだん盛り上がってきてサビで最高潮になる。この典型的な展開がやっぱり心に染み渡るんですよ(何言ってるんだ)

絶対フェスでやったらこれ盛り上がる。

さっきの曲がしっくり来なかった人、いわゆるロック目のバンドが好きな方は多分こっちが好きかなと思います。あとこれが好きな人はshoot meも多分好きだと思うので聞いてください。

 

5. LALALILALA/ April

kpopあるあるの一つに、こういうよくわからない単語がタイトルになってる場合かなりの確率でフックソング。ということが言えると思うのですが、この曲はちょっと一風変わっていて、印象に残りました。

というのもシャッフルして出会った曲で、パフォーマンスの動画を見たのはこの記事を書いている時なので、本当に純粋に曲がいいなと思って選びました。お恥ずかしながらaprilさんの名前は知っていましたが、曲を聴くのもこれが多分初めて。

すごいー可愛い子しかいない。癖の強い顔の子がいなくて、すごいとっつきやすさがある、、、と思いました。これは推しそうだ。危ない。ナウンちゃん?だけは何かの音楽番組の司会で見たことあるような気がする。

すみません。脱線したので曲の話に戻ると、この曲、意外とサビで歌う系です。しかも、ララリラララの箇所はおもいっきりエレクトロなのに、サビは何故かちょっぴりレトロ風味です。昔のアニメソングみたいな感じ爽やかレトロ可愛いです。

そこからララリララになると一気にエレクトロポップで今時になる急展開な感じがすごいクセになります。ざ、中毒性ソング。せっかくなのでaprilちゃんもこの機会に履修しようかな〜。と思いました。まる。

 

パーソナルカラー、顔タイプ、骨格診断に行ってきた件

みなさんこんばんはオタクです。

パーソナルカラー診断、今巷でとても話題ですよね。実は1年前に一度16分割パーソナルカラー診断に行ったオタクなのですが、今回顔タイプと骨格診断を受けてみたくて、トータルでもう一度診断に行ってきました!!

結果、行ってめっちゃよかった!!これから受けようか迷ってる人にはぜひトータルで受けることをおすすめしたい。

そう思いました。受けるかそもそも迷い中、実際どんな感じなの?という方も沢山いらっしゃると思うのと、凄く楽しかったのでせっかくだしレポしていこうと思いこの記事を書くに至りました。それではレッツゴー!

そもそもなんで行くことにしたの?

元々4分割(春夏秋冬)の診断が流行り出したあたりで、母がどっかのデパートで診断してもらってドレープをもらい(母はイエベ春でした)それを私に当ててくれた時のこと。

「シルバー似合うしあんた、ブルベじゃない!?」と私は母に言われ、ひっくりがえりそうになりました。何故なら私は自他共に認める「ザ、黄色人種肌」で、とにかく会う人会う人、誰と比べても私より黄色い肌の人っていないんじゃないの?ぐらい自分の肌の黄色っぽさには自信を持っていたからです。(どんな自信)

サマーっぽいよ。と母に言われただけなのに、流されやすい私はそれから私ってブルベ夏なの、、?と謎に思いながらなんとなくまぁ冬とかじゃないんだろうしなぁ、、と思い生きておりました。

が、しかし私はその後もずっとモヤモヤとした気持ちを抱えることになります。それは、「青みピンクリップ超絶似合わない問題(長いよ)」です

青みピンク、それはブルーベースの人が一般に似合うとされている色。よくリップとかでも見かけるアレである。

f:id:sindemootaku:20210115165522j:image

(こういうやつ)

これをつけるとまぁ顔と唇が分離、お前はバブリーオバQですか?と問いたくなるレベルである。え、私ってブルベ夏?→なんでじゃあ青みピンクに合わないの?→ほんとはイエベなの??なんなの?

の無限ループを繰り返して、ついに我慢ならなくなり、診断を受けました。

 

なんでもう一回受けることにしたの?

パーソナルカラーについて調べていくと、いわゆる最もベーシックな春夏秋冬の4分割のほかに、さらにそれぞれの季節を4つに分けた16分割があることを知り、これだ!!!と私は思いました。

「受けたのにしっくりこなかったらどうしよう」とパーソナルカラー診断そのものに不安があったし、4分割でもしっくりこない人の話、何度も受け直した人の話などをチラホラ目にしていたので、「最初から16ぐらい言っとけば納得するんじゃね!?」というやや安直な気持ちで受けました。

受ける前は私くすみ色好きだし、ミュート夏秋かな!?なんて少し期待しながら受けたのを覚えています。

結果は驚きの、1st ライト夏 2ndライト春

f:id:sindemootaku:20210115185352j:image

明度の高い色が得意ということで、青みピンクが似合わなかった謎も、鮮やかな色が苦手であることが原因と分かったのでとてもスッキリしましたし、ライトサマーの色は元々好きな色だったのでその時はとても嬉しかったのを覚えています。

しかしpcが分かっても、まだ何となくスッキリしない気持ちがありました。「色味は分かった、けど私って果たしてどんな服装が似合うんだろう?どんな服を着たらスタイル良く見えるんだろう?」

そこでネットでちまちま検索していた所、

似合う服装を診断する→顔タイプ診断

着痩せして見える服装を診断する→骨格診断

ということがわかりました。当時(正直今もですが)私は好きな服装が割と系統を跨いでいて、なんとなくストリートで武装してカッコイイ系の友達と遊びたい日もあるし、可愛い服を着てお嬢様っぽい雰囲気になったつもり♪するのも大好きでした。

色んな服装をするけど、そろそろ確固たる何かの系統、「自分にはこれがあるから大丈夫!」てきなお守りみたいな服装(?)を知りたいと思っていた所だったので、これは!!!!と速攻で飛びつくことになり。

似合う色で、似合う服装を着て、さらにスタイルをスッキリ見せられたら、もっと自分に自信が持てるんじゃないかな。

そう思い、もう一度今度は別のサロンに申し込んで受けることにしました。

 

診断の流れ

1. 顔タイプ編〜作業服が似合うカラクリ〜

今回のサロンでは、3時間で約2万円のコースで、顔タイプ、骨格、パーソナルカラーを順番に見て頂きました。

まず、顔タイプからです。最初に8つある顔のタイプを順番に説明してもらいました。

f:id:sindemootaku:20210115171338j:image

こんな感じで、まず顔のパーツ配置が

子供(離れていて、横の比率が大きい)

大人(近くて、縦の比率が大きい)

の2種類に分かれ、さらにその中で

曲線が多いor直線が多い、プラスαで個々のパーツが大きいかどうかによって、8つに分けられるそうです。

先生「オタクさんはどれだと思いますか?」

私「うーん、、まず面長じゃなくて丸顔なので絶対大人顔はないかな。でも曲線と直線は、、目が小さくて吊り目なのは直線?でも口とか鼻は丸いです、、」

ということで私は子供顔で直線が多い顔タイプ、クールカジュアルかな??と何となく思っていました。

メイクをしたまま正面と横顔の写真を撮り、それを元に先生が定規などを使って私の顔のパーツの大きさ、形、位置、バランス、などを測ってくださいました。

先生「結果は、、、、予想が割と当たっていましたね!直線と曲線、どちらも同じ点数で、フレッシュど真ん中ですよ!

おおお。やっぱり私の顔には直線と曲線が混在していたんだなぁ。フレッシュタイプは、子供顔の中でも、丸みを感じるパーツと線を感じるパーツ、どちらも混在している人が当てはまる顔タイプなんだそうです。

フレッシュタイプの特徴

•年齢より若く見られやすい →わかる

•話しかけられやすい    →よく道聞かれる

•フレッシュ、爽やか、親しみやすい

•芸能人なら 宮崎あおいさん 永作博美さん 広末涼子さん 榮倉奈々さん など

で、肝心な服の似合うテイストは

とにかく「カジュアル、シンプル、爽やか」がキーワードだそう。

骨格診断のために、その日はアディダスのパーカにユニクロのスキニー、キャップにダウン、スニーカーという「一歩間違えたら手抜き」みたいな格好で行ったのですが、

先生「正直今日の格好が100点満点です!お似合いなものをわかってますね!」

されてええええあああ逆にこんなにシンプルで良かったの!?してしまい面白かったです。

f:id:sindemootaku:20210115173346j:image

以前からこういう作業服を着てるとやたら似合う似合う言われてた理由も、顔タイプのせいなのだと分かりました。無地でシンプルなデザイン、身体のラインを拾いすぎないちょうどいいサイズ感、そしてカジュアルな素材。(しかもブルーなら私のパーソナルカラーともマッチするという驚愕の事実)

先生 「オタクさんはとってもデニムジャケットが似合うんですよ!作業服が似合う理由も、同じようなものだと思ってもらえればいいと思います。」

と言われてものすごく納得してしまった。

しかも自分が大好きな、ベレー帽、キャップ、キャスケットが「フレッシュ帽子三大神器」ということで、被っていたり、身につけているときに周りからウケがいいものにはきちんと理由があったんだ!ととってもスッキリしました。あと髪型もショートにしてからの方が確かに評判良かった、、、

その後、色んなイヤリングや色んな柄をつけてみたりして、自分にはできるだけシンプルで小ぶりなものが似合うということをとっても納得できました。先生に私のワードローブも見て頂いたのですが、

先生「オタクさんの普段の服も小物も全体的に無意識に似合うものを選べているタイプですね!」されてとても驚きました。むしろ大学時代とか昔に買って最近処分した服の方が、最近買い揃えた服よりも似合う服ばかり選んでいて、あの頃の自分、、やるじゃねぇか、、しました。昔の自分のセンスをもうちょい信頼しとけばよかった。

最近買った服といえば、長い丈のプリーツだったり、タイトスカートだったり、まるで違うじゃん、、と少し落ち込みかけたのですが、

先生曰く、例えば大人っぽいロング丈の服を選ぶなら「細かいチェック柄だったり、コーデュロイ素材だったり、形が台形だったり、どこかに子供要素があるものを選べば大丈夫ですよ(^^)」

されてそっか!!なるほど!全体のバランスで子供要素を取り入れることが大事なのか!と目から鱗でした。

 

2.骨格診断〜着太りの謎、今明らかに〜

続いて、骨格診断に移りました。骨格診断は、元々のその人の骨組みによって筋肉や脂肪のつき方に特徴が出るため、着痩せして見える服装を知ることができるというメリットがあります。

f:id:sindemootaku:20210115175412j:image

体の重心が上にあり、グラマーな印象を持たれやすいのがストレート、体の重心が下にあり華奢な印象を持たれやすいのがウェーブ、筋肉質でも脂肪っぽさもなく、全体的にスラっとしてモデルさんみたいな印象があるのがナチュラルだそうです。

私はセブチのドギョムくんと張り合えるほどの太ももと貧乳を兼ね備えているため(?)絶対骨格ウェーブ!!間違いねぇ!!!そう確信して行きました。

先生は手や、首元から上半身〜ヒップ、朝のアキレス腱など色んな場所を見たり触診したりされていたのですが、

私 「ウェーブですよね!?やっぱり!?」

先生「いや、、、うーん、、、意外とそうでもないかもしれませんよ。」

エ!?!?!?

先生「オタクさんは、下半身はウェーブです。でも上半身はストレートとウェーブの中間のような印象を受けますね」

エエェエ!?

先生によると、私の体型が診断として難しかった理由は、ストレートとウェーブのどちらの要素も持っているからだったそうです。具体的には

•ストレートの割には首が長く、ハイネックが似合う

•ウェーブの割には華奢ではない。ウェーブの特徴である、デコルテにかけてのえぐれ(凹みのようなもの)がなく体にある程度厚みがある

•しかしストレートほどグラマーでもない

•しかしウェーブに比べると腰の位置が高いので、ハイウエストではなくジャストウエストがスタイル良く見える

太ももの太さ、首の長さなどのウェーブ要素と、体のある程度の厚み、腰位置の高さ、というストレート要素が見事にミックスされたタイプでした。先生からは、よりカバーしたい方の要素で骨格を決めましょうと言われたので、最終的には存在感のある下半身をカバーしたかったため骨格ウェーブになりました。

私自身、よくニットなどを着たりするとグラマーな体型だと勘違いされることが多く、「実際胸ないのに、、、」と思っていたのですが、私の上半身がストレートよりだとしたら、胸(脂肪)がなくても元の体の厚み(骨格)でそう見えていたのか!!!とこれまたとてもスッキリしました。

先生「オタクさんは上半身身体の厚みがある程度あるので、一般的なウェーブさんより胸元を少し開けてもok、でも子供顔なので開けすぎないように!首が長いのでハイネックもokなのは強みですよ。」とアドバイスを貰いました。

どっちつかずな体型かぁ、と思っていましたが、先生が色々と提案してくれたおかげで、長所として捉えられるかな!?と思いました。

 

3. 運命の転生、なるか!?パーソナルカラー診断

ここまで書いたは良かったものの、手が腱鞘炎になりそうなので、パーソナルカラー診断は簡潔にまとめて行きたいと思います(本番で力尽きる女)

f:id:sindemootaku:20210115185427j:image

金色と銀色のドレープ→びっくりするぐらい変化なし

先生 「ベース多分関係ないタイプですね。」

4シーズンで色んな色を当てまくるが

冬はほぼ確実に死亡。秋は半分ぐらいは死亡

春と夏はどっちも顔色変わらん

先生 「青みも黄みよりもよりすぎなければどっちもokだね〜意外と鮮やかでもいけるかな?」

この時点で先生の中では

とにかく明るいライト夏春vs明るくて鮮やかブライト夏春の組み合わせで絞れてきたので春夏それぞれ4タイプずつをあててみる。

f:id:sindemootaku:20210115185957j:image

サマーはライト◎ブライト◎ミュートでも明るい色は◎ クールは死亡

スプリングはライト◎ それ以外死亡

先生 「ブライトとライトで迷ったけど、春はライトスプリング一択ですね!」

先生曰く、春の場合私に一番似合ってる明度は、ライトとブライトの間らしい。ライトだと稀に顔が白くなりすぎるけど、ブライトと比較するとライトの方が似合う色が多い。

結論

1st ライト夏 2nd ライト春

•サマーの中なら ライト◎>ブライト◎>ミュートの明るい◎

•ブルベイエベとかいいからとにかく明るさ重視。黄味が強い色でも明るい色→レモンイエロー、ベージュ似合う

•先生曰くグレーよりもしかしたらベージュに合ってるかもらしい


特に良かった色たち

ライトグリーン 

とにかく明るいシャーベットグリーン良い。

f:id:sindemootaku:20210115184942j:image

ラベンダー 

ラベンダーに関しては濃くても鮮やかでもわりかしどのサマーのラベンダーでもばりいいね!されて紫のあいぽんを持ったまま安堵した

f:id:sindemootaku:20210115185034p:image

ベージュ

先生の推し。これが似合うのはセカンドスプリングの特権らしいです。いわゆるトレンチコート的な色も似合うらしい。トレンチコート捨てるとこだった危ない

f:id:sindemootaku:20210115185219p:image


黒い服を着る時は上に白いカーディガンを着たりしてポイントで取り入れよう。

 

まとめ これから行こうか迷ってる人へ

パーソナルカラーについて熱く語りたかったのは山々なんですが、これ以上書くと長くなりすぎるので一旦この辺でお休みしたいと思います。

私の主観ですが、こんな人にはイメコン診断は向いているかなと思ったものは、

•自分に似合うものを知りたい人

•ファッション迷子の人

•結果をポジティブに捉えられる人

です。私はまさに一つ目と二つ目が当てはまっていたのですが、3つ目に関しては「サロンの先生次第」なところがあると思います。

私は一度目も2度目も全く同じパーソナルカラーライトサマーでしたが、終わった後の気持ちは2回目の方がよりスッキリ、そして楽しかったです。理由はやはり、「同じ結果をどう解釈するか」ということに尽きると思います。

今回の先生は

顔タイプフレッシュ→「曲線も直線も同じくらいオタクさんはあるから、カッコイイ系も可愛い系もどちらも寄せられますよ!」

骨格ストウェmix→「ストレートさんみたいに肌見せもできるし、ウェーブさんみたいにハイネックも似合います!」

pcライト夏春→「まずイエローブルーとかベースカラー関係なく似合います!しかも鮮やかでもブライトサマーまでいけますし、青や紫系統はライトブライトミュートでもお似合いですよ。

後、顔タイプに引きずられて鮮やかな色でもいける色が結構ありますね。(青みや黄みがあっても)緑とか黄色もある程度大丈夫です!」

全ての結果を、ポジティブに、「こんな服もできる」「こんな色も似合う」と提案してくださったので、同じ結果だったのに、

オレンジシャドウで私ってメイクしてもいいんだ

とか

ストリートもガーリーな格好も好きな今の自分を無理して変えなくても良かったんだ

自分の持ち色、挑戦できるスタイルが増えたように思えて、すごく有意義な時間を過ごすことができました。顔タイプとpcが雰囲気が近くて合わせやすいんだ。と思えたのも良かったと思います。

自分の希望した結果では無かったとしても、新たな可能性があることを気づかせてくれる、イメコン診断はそういう魅力があると思います。なので、今の自分のスタイルに疑問やより良いスタイルを見つけたい人にはお勧めしたいです!逆に確固たる好みが確立されている人には、必要ないかなと私は思います。

後、自己診断は本当に当てにならない。掠ってる時もあるけど、何か違和感を感じている時は、何らかの要素が大体自分の思っているものと違ったりする。

私は声をあげていいたい。

「わたしみたいに、めちゃくちゃ地肌が黄色くて暗いライトサマーも、おるで!!!!」と。

最後に、色見本と一緒にとっても素敵なメッセージカードを先生から頂いたのでそれをシェアして終わりたいと思います。まる。


f:id:sindemootaku:20210115184121j:image

f:id:sindemootaku:20210115184040j:image


※イメージ画像はお借りしました

 

 

初めて韓国文学作品に手を出してみた話。

お久しぶりです。オタクです。

f:id:sindemootaku:20210110204608j:image

2021年になってから初めてきちんと書くブログは、どんな内容にしようか、、、最近カムバックしたMCND、まだまだ続く授賞式やスキズのコンテンツなど音楽の話、あるいはファッションやコスメの話か、、、

自分でもそう思っていた私が、まさか本の感想を書くことになるとは思いませんでした。

 

昨年から本屋さんでよく「今話題の本」の欄で見かけていたこちらの本。読書後に、BTSのRMさんがこの本を持っていることが話題になっていることを知りました。私のブログを読んでくれている方の中でも興味を持っている方がいるかな。と思ったのと、単純に自分で記録したいと思ったので、「死にたいけどトッポッキは食べたい」について今回は個人的な感想を書いていきたいと思います。(ネタバレガッツリ含みますのでご承知おきください)

 

はじめに 私と読書、なぜ本を読もうと思ったのか

私の小学生の頃の思い出というと、母が働いている週末、無口な父と二人で毎週末図書館に入り浸り、父が地下の階で新聞を読んでいる間、一人で別フロアのこどもコーナーで絵画に関係する本を読んでいたのが思い出されます。

高校生の時は現代文の授業中に、こっそり電子辞書で太宰治の小説を読みまくる毎日(ちゃんと勉強しろ)でしたし、そのぐらい私にとって生活そのものの中に本が存在していました。しかし、大学に入ってからめっきり趣味では本を読まなくなってしまい、、、(勉強してる内容関係の本はよく買っていて好きだったけどエッセイとか小説とかのジャンルを読まなくなってしまった)

だけど2021年になって、iphoneのスクリーンタイムを管理し始めてから、スマホを見るのを止め始めると急に「読書したい」というエネルギーがふつふつと湧き出て来るようになりました。長らく活字から離れていたのでまずは軽く読めそうなエッセイから、と思い本屋さんに足を運びました。

 

なぜこの本を選んだのか

実は本屋さんに向かうときには、この本を買うことはほぼ100%決めていました。なかったら本を買わなくていいかな。ぐらいの。その理由は至って単純明快で、昨年から本屋さんに行くたびにこの本がどこの本屋さんでも推されているのを感じたからです。

可愛らしいイラストにラベンダーの表紙。手書き風の文字で「死にたいけど、トッポッキは食べたい」

と書かれていました。作者は韓国人の女性でした。韓国の人が書いたエッセイを読むのはこれが初めてだったし、ベストセラーになったと書かれていてとても気になりました。

そして、概要欄には気分変調症(軽度の鬱症状の一つ)などと向き合っている患者と医者の対話形式による本と書かれていてますます気になりました。死にたいけどトッポッキは食べたい。お恥ずかしい話ですがこれって、私なんじゃないかとそのとき思ったんですよね。しょっちゅう訳もわからず憂鬱な気分になるし、どうしてこんな気持ちになるのかは自分では理解できないけど、せめてどうやって付き合っていくか、そう言ったことへのヒントが書いてあるのではないか。そういう密かな期待を持って本を買いました。

 

本の感想

結論から言うと、この本は「私が思っていた本とは、あらゆる意味で全く違う本」でした。一言で言うなら、重いし、スッキリする訳ではないし、人に簡単に勧められる本じゃないと思いました。でも、同時に、読んだことを激しく後悔する訳でもない。とも思いました。以下にその理由を列挙していきます。

1.主人公と自分を重ね合わせることの難しさ

私がこの本を購入した最大の動機は、先に述べたように、著者(患者)と自分に共通点が多くあり、共感して慰めになることを期待していたからです。しかし、この主人公は思っていたよりも深刻な症状と戦っていました。

かなりネガティブな思考が強くて、堂々巡りのことを考えすぎてしまうタイプ。すぐに極端な思考に走ってしまい、パニックになるタイプ。孤独感に苛まれているタイプ。短気で感情が自分でも手につけられなくなる。

別にdisとかではなく、それがこの本の主人公の女性を端的に表した形かなと思います。私にもこう言った部分はもちろん沢山ありますが、とてもそれが強調されている人格を持った人なので、共感というより「なんだかこの人は凄いなぁ、、そこまで思い詰めなくても、、」と思うことは私には多く感じられました。

しかしもしあなたがそういう性格でなかったとしても、この人にはこういう所があるなぁ、自分も気をつけよう。とある種反面教師のように考えることができて、そういう意味では有益だったかなと思います。しかし前述のように、わかるわかる!!と深い頷きを連呼するような瞬間は自分にはほとんどなかったのが正直な所です。もちろん、自分にさっき書いたような特徴が当てはまると思う人には、慰められたとレビューしてる人も多々いるので、この本に対しての意見が割れている理由がなんとなく分かった気がしました。

 

2.病気から立ち直るサクセスストーリーではない

そしてこの点がおそらく読者で不満を持っている人のほとんどが感じた点だと思うのですが、結末は全くハッピーエンドではありません。

よく、日本人?が好きで売れるような話として、病気と闘って、辛い時もあったけど、最終的には道を見つけて回復に向かっていく。そういう感動的な自己啓発本、元気を貰える本を探しているとしたら、まず間違いなくこの本はお勧めできません

著者は、学歴コンプレックス、家族との関係、友人関係、恋愛依存、いろんな物に苦しみ、気分変調症と不安障害から精神科のカウンセリングを開始します。この本では先生との対話がずっと書かれているのですが、徐々に改善される向きもあれば、また落ち込んでいく所も多々みられます。そして最終的には、処方されている薬の副作用に苦しみ、楽しく勤めていたはずの出版社を辞めてしまいます。本はここで終わります。

何かを期待して本を開いた人からしたら口をあんぐり開けてしまうような終わり方ではないかなと思いました。事実私も、「ええ!?!?」となってしまいました。(この後2が出たようなのでそちらはそんなことないかもしれませんが)主人公の病気は全く治っていないし、それどころか会社まで辞めているじゃないか。あまりにも救いようがない。読んですぐはそう思いました。

この本の読後感って、韓国映画を見終わったときにとてもよく似ているなぁ。と思ったのを覚えています。残酷で、切迫していて、でもとても真実味がある。人が見たくない部分を全て隠さずに丸裸にしている。(もちろんノンフィクションなのだから当たり前かもしれないけど)だから、そういう真実の部分、一般的な精神病との闘いを描いた作品では切り取られてしまうリアルを知りたい人。そういう人にはお勧めしたいと思いました。

 

3. この本の良いところ 精神的な病の難しさ

ここまで批判だらけという感じになってしまったので、今言った部分を逆手にとったらこの本はとても勉強になる本だと私が感じた点を述べたいと思います。

まず、先ほど書いたように「精神的な病との向き合い方」について考えさせられました。簡単な怪我や外科的な不調と比べると、心の不調は、良くなったり悪くなったりを繰り返していきます。看護師の人から聞いた話ですが、精神的な病を治すために医者は薬を処方しますが、誰がどのように作用し、どの薬が一番効果的か、ということは、本当に同じ病気の患者さんであっても使うまで分からないそうです。

この本の後半で、薬の副作用により多動性が出てしまい、仕事が手につかなくなってしまった患者さんが、主治医を詰るシーンがあります。「あなたが薬を出しているんだから、自分で配分してくださいよ!」と彼女は語気荒く詰め寄ります。

私も最初読んだ時はまぁ確かにそれはそうだよな、抑うつを治そうとして逆に多動になって結果的に仕事辞めるなんて酷い話だ。そう思いました。しかし、結果から言うと精神科医にとっても適切な薬選び、薬のバランスや量は、ある意味博打のような物で、むしろ完璧に合うことの方が稀なのだそうです。

悲しい現実ですが、プロであったとしてもそのぐらい精神的な病気と付き合っていくことは非常に難しい作業なのだと思い知らされました。

 

4.一番タメになったポイント 思考のくせに気づく

最後に、この本を通じて一番タメになったと感じたメッセージを紹介します。それは「自分の無意識の中にある、考え方のパターンを炙り出し、それを認知し、行動して改善する」プロセスです。

いやいや、心理学をちょっと齧った人からしたらこんなの基本のきだし当たり前!と思うかもしれません。しかしそれを実際に患者さんとお医者さんの対話によって具体的に段階が踏まれる様子を見ることはなかなか出来ないと思います。

この本の作者の殆どの発言や考えに私は共感しませんでしたが、ひとつだけとても心を揺さぶられ、感銘を受けた章がありました。それは醜形恐怖症についての部分です。

簡単に言うと、主人公は友達と一緒にいる時、男性が自分の友達にだけとても優しくしているように感じることが何度もあったと言います。そしてそれは、彼女が美人で、「自分はブサイクだ」と言われているような気になって、そのたびにとても落ち込むと言います。まるで舞台を無理やり降ろされたみたいに。

それに対して、お医者さんの返答はとてもシンプルなものでした。「その男性の行動と、あなたがブサイクだという結論に何の関連性があるのでしょうか?その男性は何かあなたに言いましたか?」「いいえ」「全てあなたが勝手に作り上げた結論ですよね?

この箇所を読んだ時に、とてもハッとしました。私もそう考えていることが過去に沢山あったからです。そしてお医者さんは続けて言います。「そもそもなぜ、あなたは美人やブサイクでなければいけないのですか?なぜ、普通よりそこそこいい、ぐらいに思わないのですか?完璧である必要があるのでしょうか?自分が満足していればいいのではないでしょうか?」

そこでもう一度ハッとしました。よく、私も含めて女の子たちは憧れの芸能人、女優やモデルさんを挙げては、「それに比べて私はこんなに太っている。私はこんなにブサイクだ。」そう言うことがあると思うのです。でも、どうしてそもそも比べているのでしょうか?その人たちが美人であることが、イコール私たちが太っていて、醜い外見ということの証明になり得るのでしょうか?そしてそもそも、私たちはその人たち並みに美しくいなければいけない理由が何かあるのでしょうか?芸能人でもないのに。

先生は、別に芸能人などに憧れを持つことを否定はしていませんでした。それを目標にして、自分をより魅力的に見せようとする人もいれば、自虐的になる人もいる。そう述べていました。そして、このエピソードに限らず、この主人公の女性に対して先生は繰り返し指摘し続けます。

「あなたには0か100か、白か黒かという極端な結論をどちらかに選ばなくてはいけないという強迫性があります。それをまずやめましょう」

これが私にとって一番目から鱗の情報でした。これが治療のポイントであり、彼女に隠された目に見えない思考の癖だったのです。そして別の日、彼女はようやく久しぶりにできた友人と口喧嘩してしまい、トーク履歴を全削除というここでも極端な行動に出てしまいます。

ここでも先生に、「あなたは今、縁を切るしかない」そう言いましたね。また0か100かになっていますよ。そう指摘され、後日彼女はその友人に自分が思っていた意図と、言いすぎたことを友人に謝罪します。そして結果的に仲直りすることができました。

またある時には、知り合いの人が初対面はとても優しかったのに、次に会ったときは自分のことを舐めている感じがした。きっと嫌われた。と主人公は落ち込みます。そこでも医者は一言。「その人の態度が悪かったことと、あなたが嫌われていることに何の関連性がありますか?こうは考えないのですか?その人はその日たまたま体調が悪かったと。全ての原因が自分と関係していると思い込んでいませんか?

こうやって、人の認知プロセスは進んでいくのだなぁ。と感心させられました。完璧であるべきという、強迫観念に縛られてそれ以外だと落ち込む。それが憂鬱な気持ちを引き出していることを、医者は淡々と解き明かしていきます。そして彼女は、自分が行動してしまう前に、極端なことをしようとしていることに、徐々に気づいていくのです。

 

終わりに

この本を通じて主人公は一言も、「死にたい」とも「トッポッキを食べたい」とも言っていません。いわゆる病からの再生の本でもないですし、軽いネガティヴなんてものじゃ片付けられない症状が彼女にはあります。万人に受ける本とは決して言えないと思います。

しかし、自己肯定感の低さに悩んでいる人にとってはこの本は助けになったという声も多く見られますし、表紙と中身の重さのギャップがメガトン級だけど、重いものにもたまには触れてみたい、そんな人にはいいスパイスになる本だと思います。

私個人にとっては、見えないネガティブなスパイラルに入ってしまう前に、あれわたし、今って特殊な考え方しちゃってないかな?そんなふうに立ち止まるスイッチをもらった気がします。別にわたしはテレビに出てる人でもないし、アイドルしてるわけでもないんだから、その人たちと比べて落ち込む必要もなければ、自分、それなりに今まで頑張ってきたし最近いいじゃん?そのぐらいの気の持ちようで生きていこうと思わせてくれました。人がどう考えているかは分からないのだから、自分のものさしが満足するように、2021年は自分を解放していい意味で自分に甘く生きていきたいと思います。おわり。